特別なニーズについて

鳥

本人や保護者の努力・意識とは無関係に、様々な原因により学力や社会性を伸ばしにくい子どもたちを、「特別なニーズのある子ども」と呼ぶことが増えています。具体的には「発達障害」「聴覚障害」などの障害を持つ子どもたちや、「不登校・ひきこもり」の子どもたちなど、様々です。

また、明確に障害と診断されていない子どもたちの中にも、何らかの「特別なニーズ」のために学力獲得がしづらい子どもたちが多数います。「知的発達に遅れはないものの、学習面や行動面で著しい困難を持っていると担任教師が回答した児童生徒の割合」(2002年 文部科学省調査)では、子どもたちの6.3%に、何らかの特別なニーズがあることが明らかになりました。

あすはな先生が対象としている特別なニーズのある子どもたちについて、現状と支援が必要とされる理由をまとめてみました。

前へ
次へ